ゾンネガルテン
トピックス/スタッフの思うこと
019.jpeg
窓際ギャラリーで開催中のwoodpeckerさんの木工展、後半のご紹介です。

ゾンネガルテンでは初めてご紹介する「ひのきのトレイ」。
それから「ケヤキの丸盆」。
どちらも完売していましたが、再入荷がありました。

DSC_5409.JPG
一番下がケヤキの丸盆。
重厚なケヤキの質感に加え、厚みと丸みがどこか懐かしい、和の食卓にも合いそうなお盆です。

ひのきのトレイはサイズが2つ。
どちらも、上の写真のようにトレイとして使うのはもちろん、贅沢なひとり膳にも。

DSC_5400.JPG
そしてこちらは、洗濯板。イチョウの木で出来ています。
woodpecker福井さんのお宅では、お子さんたちがこれを持ってお風呂タイム。
自分の靴下を洗って、どちらがキレイに洗えたか競い合って遊んでいるんですって!
なんとも幸せな光景が目に浮かびます。

次回は、展示に参加してくださっているtsun 森田さんの器をご紹介いたします。


「暮らしと自然を木でつなぐ」
woodpecker
3月19日(土)-4月17日(日)
2016年04月05日
3月19日(土)からwoodpeckerさんの展示が始まりました。

ゾンネガルテンでは「いちょうのまな板」でお馴染みのwoodpeckerさん。

ブログでは、今回のラインナップを少しづつご紹介していきます。
まずは新作2点から。

DSC_5398.JPG
こちらは「いちょうの木のこどもまな板」¥8,532
松尾ミユキさんの可愛らしいイラストが、ちびっこたちのお料理をサポートします。
お父さん、お母さんと一緒にワイワイ、が目に浮かぶようなまな板です。
DSC_5419.JPG
取扱い説明書も松尾さんのイラストで、楽しくお料理!

写真を見て気付かれた方もあるかも知れませんが、実はこちらは「左きき用」なのです。
店頭では「右きき用」を何枚かご用意しておりますが、「左きき用」はサンプルをご用意
しての、受注制作となります。
なかなか無い左ききグッズ、贈り物にも喜ばれそうですね。

DSC_5405.JPG
そしてこちらは「型おとし」 ¥23,544

昔ながらのおもちゃで、プラスチック製のものはたまに見かけますが木製のものは今では珍しいです。
ひのきのとっても良い香り。
写真には写っていませんが、中板は3枚あり、箱には蓋が付いています。
一生モノ、どころか代々受け継いでいきたい、こちらも出産祝いなど贈り物にぴったりのおもちゃです。

今回の新作2点について、woodpecker代表の福井さんが「道具を通じてのコミュニケーション」がテーマだとお話しされていました。
おじいちゃんやおばあちゃんやパパママ親戚ともだちご近所さんと、遊んだり学んだりの中で、会話や関係を紡いでいけるような物を作りたかった、と。

ご自身もパパである福井さんのお話しを聞きながら、このふたつの新作を眺めて、しみじみ納得しました。
そしてやっぱり、それを担う道具はおとなも一緒に夢中になれるような「良いもの」じゃなきゃ、と私も思うのです。

可愛らしいフォルムだけでなく、香りや手触りも木の道具には大切な要素。
ぜひ、店頭で実際にご覧になっていただきたいです。

次回は、お皿やトレイなどの定番をご紹介します。


「暮らしと自然を木でつなぐ」
woodpecker
3月19日(土)-4月17日(日)








2016年03月22日
「暮らしと自然を木でつなぐ」
woodpecker
3月19日(土)-4月17日(日)

sonne_omote.jpg

woodpeckerさんの新作は、長いことあたためてきたこどものもの”。

昔ながらの伝統的なおもちゃである型おとし”、
こどもの手づくりをサポートする“いちょうの木のこどもまな板”。

「お父さん、お母さん、兄弟、おじさん、おばさんと一緒に遊んだり、
料理する時間を木の道具を通じて感じていただけたら」
どちらもそんな思いから生まれました。

定番のまな板やお皿などの台所まわりのものとともに、ぜひごらんください。

2016年03月04日