ゾンネガルテン
トピックス/スタッフの思うこと

間基線陶房 11月の二人 展

2013年11月2日(土)〜12月1日(日)

旧小原村の山奥で、成田実・向田幸子の手により生み出される器たち。
日常を豊かに彩る作品の数々がゾンネの窓際を飾ります。

kankisen.jpg
2013年11月11日
ファナビスさんの展示が、1日から始まりました。

私が数年前に購入し愛用しているウールガーゼのセーターをはじめ、がら紡の
生糸や靴下など、ファナビスさんの活動が少しづつトータルで見られるような
展示になっています。


fa1.JPG
私いちおしのウールガーゼセーター。
全て草木染めです。(左から 藍・ラックダイ・野いばら)
この発色が本当に綺麗。

fa4.JPG
薄手でとても軽いのに暖かなので、秋口から春先まで長く着られるのも魅力。
こちらは男性用のLサイズです。

fa2.JPG
早くも人気の新作、オーガニック無染色コットンの5本指靴下


各所でひっぱりだこのファナビスさん、名古屋市内でのまとまった展示はなかなか無いので
この機会にぜひご覧下さい。

(まり)
2013年10月08日
sonne_omote.jpg

ウールガーゼ
『羊品&結』展

2013年10月1日(火)〜27日(日)

ファナビス

羊毛の温かさを草や木の色で染め上げました。
ウールガーゼのセーターやマフラーはあまりむれたり、いがいがしません。
それはウールが生きて呼吸している繊維だからです。
2013年09月11日