ゾンネガルテン
トピックス/スタッフの思うこと
世界遺産にもなっている京都の下賀茂神社。
隣接する糺の森は、京都の中でも特に私の好きな場所です。

その糺の森で毎年お盆におこなわれる有名な古書市があります。
もう何年も足を運んでいませんが、古本屋さんのテントが両側にずらーーっと並ぶ光景に、全国の本好きはどうにも胸が躍り、暑さも忘れて探していたお目当ての本や「今日の一冊」との一期一会に夢中になるのでした。

樹木の多い糺の森は風が吹くと木の葉がさらさらと音をたてて、樹の深いところまで行けば夏でもちょっとひんやりと気持ち良い場所が探せます。
手に入れた本を持って待ちきれずに木陰でページをめくる楽しさといったら…!!


読書といえば秋ですが、そんな下賀茂神社の思い出もあり、私はやっぱり古書市は夏なんです。

全体.JPG
今年で3年目、夏のチャリティ古本市がゾンネでも始まっています。
スタッフの本棚からの私物や、会員さんに寄付していただいた本がノンジャンルで集まっています。

チルチン.JPG
今回の「ゾンネガルテン本棚から」は、季刊誌「チルチンびと」と、「版画芸術」のバックナンバー。
全て新品です。

こうやって古本市を楽しんでいただきながら、日常の中で忘れてしまいそうなことを改めて思い出し、皆さんと共に考えていけたらと思います。

ささやかな古本市、ささやかな売上の行き先は、またお便りやH.Pでご報告致します。

※第一回は愛知被災者センターさんへお願いして、東日本大震災の避難所へストーブ5台を届けていただきました。
※第二回は、加子母で福島からの母子に滞在してもらう活動をされている「つながる命 福島」へ寄付をさせていただきました。

トルストイ.JPG
奇子.JPG


8月いっぱいまで開催中です。
本も随時増えていっておりますので、ぜひ何度でもお立ち寄りください。


(まり)

2013年08月06日
makiko_1.jpg
中神牧子さんの「ガラスの器展」が土曜日から始まりました。


ピッチャー.JPG
今回私が楽しみに待っていたピッチャーと計量カップ。
カップは200m・l300ml・500mlのサイズがあります。

サンド.JPG
シンプルな作品が多い中に、牧子さんならではのイラスト物も!

ワイン.JPG
ワインコーナー。
こんなデキャンタとワインクーラーで白ワインを飲んだら暑さも楽しみに変わります。

ハガキで好評だった「チーズドーム」ももちろん来ていますよ。

最近、雑誌「オレンジページ」「クウネル」と立て続けに牧子さんご一家(旦那様はガラス作家のピーター・アイビーさん)の暮らしが掲載されていたのですが、そこで拝見した楽しそうな日常がやっぱり作品にも表れています。

柔らかくて優しくて、でも1本筋の通った牧子さんのガラスなのでした。

作品の追加予定は今のところありませんので、ぜひお早めにどうぞ。


(ガルテン まり)
2013年07月09日
makiko_1.jpg

「中神牧子 ガラス食器」展
2013年7月6日(土) - 28日(日)

小さな子供二人を育てているので子供達が美味しいと思う食べ物や
体にいい物を食べさせてあげたいなあといつも考えています。
また自分自身も食べたり飲んだりという時間を大切にしたいなあと。
そんなときに、器もやっぱり自分の手で作ったものや
優しい気持ちのこもった器を使いたいと思います。

私自身、作るときの自分の気持ちを大切にしています。
作るときに楽しく穏やかな心の持ちようで制作できるといいなあと思っています。

ガラスの器に盛って食べ物を美しく見せたり
ちょっとだけ心がほんわかする気持ちになってもらえたら嬉しいです。

http://www.ne.jp/asahi/makimako/glass/


2013年06月25日