ゾンネガルテン
トピックス/スタッフの思うこと
初夏の様な陽気かと思えば、また肌寒くなる。
まだまだ三寒四温で変化しています。
畑は夏〜秋野菜の準備、田んぼの準備も忙しくなってきています。
ズッキーニ、トマトなど夏に向けての野菜の準備も進んでいます。
そして、この日は芽が出てきた稲を田んぼへ降ろそうと準備されていました。
(今年の秋にとれる無農薬の阿久比産ゆめまつりの稲はいったんこの田んぼへ)
IMG_0170.JPG

今年は豊作の里芋、まだ店頭でも扱っていますが、
すでに畑では種芋を畑へ。

IMG_0212.JPG

先の事ばかりですが、店で並ぶ野菜の前には
当り前にこういった準備があります。
季節をまたいで、未来を想像して準備、そんな当たり前の日常的な姿、景色に、
生きる気力をもらっている気がします。

IMG_0217.JPG

待ち遠しいえんどう豆、今年は3月が寒く、さやがまだ一つもついていません。
とはいえ花もたくさんつき、もうすぐ出来てくると思います。楽しみ。

店頭にはワラビタケノコが並び始めました。春の味を是非食べてみてください。
2017年04月19日
月、金、集荷時に立ち寄る畑。

春夏野菜の準備のため、土をならし畝の準備が済んでいますが、
春の端境期なので、収穫できる野菜が少なくなっています。
この時期、ぎゅっと巻いていた白菜やキャベツが爆発?!して
花芽が伸び、とうが立ち、花を咲かせています。まわりの紫の花はホトケノザ。
冬でじっと耐えている畑から一変する春の景色です。

IMG_0009.JPG

ちょっと早起きしすぎたかな〜、とカエルが日向ぼっこをしていました。

IMG_0043 (2).JPG

季節の野菜は、新玉ねぎ。今年は寒くて昨年よりは遅いですが、
まとまって出荷が出来るようになってきました。サラダでたっぷり食べたい旬の野菜。

IMG_0115.JPG

もう少し先の5月ぐらいになりますが、空豆が花をつけています。
その前に、キヌサヤ、スナップエンドウの出荷が始まりますが、それまでが端境期。
今年はどうなるかしら?お楽しみに!

IMG_0111.JPG
2017年03月18日
基本的には月、水、金曜日が地元野菜の入荷日(月、金は野菜セットもあり、特にたっぷり)ですが、先々週より、火曜日に奈良のまつなが畑さんの野菜が届いています。

3月14日は、のらぼう菜(菜花)、白ネギ、ちぢみ白菜、大根が届く予定です。

土寄せが大変な白ネギ、この地方でやっている人は少ないですが、こんがり焼いて、軽く塩と胡椒だけでとろっと甘い。もうすぐ終わる冬ねぎのおいしさがたまりません。
ちぢみ白菜はターサイのように少し緑が濃い白菜。鍋物など通常の白菜同様に使えますが、八宝菜など中華風の炒めものにも最適です。

先々週、先週はルッコラ、ザーサイなど珍しい野菜も届きました。丹精込めて野菜づくりに向かう姿勢が味にも現われていて素材自体にうまみを感じます。奥さんが以前カフェ「ポランの広場」で働いていたこともあり、いろいろ縁あって出荷して頂いています。
端境期が来るとお伝えしてきましたが、花が咲く前の待ったなし野菜(小松菜、法蓮草、白菜、菜花)もたくさん届いています。里芋もおすすめ!赤だつ芋で食感が違います。口の中でとろけますよ!
旬の野菜をたくさん食べて、花粉症なども乗り切りたいですね!
(松永さんの野菜も端境期になったらしばらくお休みです。ご了承下さい。)
IMG_20170311_133422_20170311133713.jpg

2017年03月11日